トップページツアー検索>ポーランド 2都市周遊 ワルシャワ&クラクフ 5日間 フリープラン

ポーランド ワルシャワ&クラクフ 5日間 フリープラン【販売終了】 ★最新ツアーはこちら

≫ ポーランド ワルシャワ&クラクフ 2都市周遊 5日間 フリープラン
  • ポーランドの2大都市ワルシャワ&クラクフを周遊、都市→都市への鉄道チケット付き(2等・指定席)
  • 電車移動の時間帯が選べるので、お好みの都市での自由時間をたっぷり確保
  • 各都市での滞在では自由行動なので、人気のオプショナルツアーを加えて旅を自由にアレンジ!
  • 空港⇔ホテル間の送迎つき
  • 万が一の時も安心、ポーランド唯一の日系旅行会社H.I.S.ワルシャワ支店がサポート!

フリータイムに、クラクフ歴史地区散策や、クラクフ発ヴィエリチカ岩塩坑やアウシュビッツ強制収容所へ

世界遺産クラクフ歴史地区

ヨーロッパで最も美しい街のひとつとされており、第二次世界大戦の戦火を免れたため今も中世の姿を残し「ポーランドの京都」と言われています。
まるで映画に出てくるかのような中世のポーランドの姿を残すクラクフ歴史地区は、1978年、世界に14ある初のユネスコ世界遺産のひとつとして登録されました。
中世のものとしてはヨーロッパ最大となるの中央広場、中央広場のシンボルとしてそびえ立つポーランドで最も美しいと称される聖マリア教会、
歴代国王の戴冠式が執り行われた旧王宮ヴァヴェル城と大聖堂など、世界中の観光客に愛される美しい観光地です。

世界遺産ヴィエリチカ岩塩坑

ユネスコの世界遺産登録が始まった1978年に世界で最初に選ばれた14の世界遺産のうちのひとつ、ヴィエリチカ岩塩坑。 ​
中世ヨーロッパにおいて「塩」は「金」と同等の価値があるとされ「白い金」とも呼ばれていました。 ​
ここで採取された塩は当時のポーランド王国に莫大な富と繁栄をもたらしました。塩は財源の3分の1を占めるほどだったと言われています。
いか​にこの地がポーランド王国にとって重要な場所だったか想像に難しくありません。
11世紀から岩塩の採掘が始まり、地下約400メートルまで採掘坑が迷路のように続く内部をツアーでは観光します。
現在、観光客向けに開放されている地下135m、3.5㎞を探索すると、当時の坑内の作業の様子が人形などで再現されており、
当時の工夫されたアイデアなどに関心させられます。 ​
岩塩を彫って作られた祭壇や彫刻なども多数見ることができ、圧巻なのは地下100m地点にある大きな空間に作られた聖ギンガ礼拝堂。
岩塩で作られたシャンデリアに照らされているマリア像や最後の晩餐の彫刻など、すばらしい芸術作品がたくさん飾られています。

世界遺産・アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所

二度と同じような過ちが起こらないようにとの願いを込めて、1979年に世界遺産に登録されたアウシュビッツ強制収容所。
ここを訪れると人間が残酷な行動をとることができる事実があることを教えられます。
アウシュヴィッツでは、関わる人々が残酷さを感じずに人を殺せるシステムが巧妙に組まれていたことも伝えています。
収容者の中で、暴動が起こらないようにヒエラルキーも組まれていました。
時間が立てば、間違っていたと簡単に分かる事も、その当事者になってしまうと、見えなくなる。
この場所を見学するのは少し辛いかもしれませんが、負の歴史を受け止める意味でもポーランドに訪れる方は、目にしていただければという場所であります。

ポーランドの首都ワルシャワでフリータイム!

歴史に翻弄されたポーランドの首都ワルシャワ

旧市街は第二次世界大戦で崩壊した街を市民たちが復興させました。
世界遺産ワルシャワ歴史地区では、まずは、旧市街の中心、旧市街広場を訪れてみましょう。
そこからは、旧王宮が目の前に建つ王宮広場や旧市街と新市街の境目にあるバルバカン、ワルシャワ歴史博物館など、美しい街並みを徒歩で訪れることが可能です。
偉大な音楽家ショパンのゆかりの地でもあり、ショパン博物館など、ショパン好きには必見な街。

スケジュール

スケジュール 宿泊/食事
1日目 ロンドン・ヒースロー発(英国航空にて)航空便ポーランド・ワルシャワへ

空港にて現地ドライバーがお待ちしております。→ホテルへ

ホテルにチェックイン(3時以降)後、ワルシャワ自由行動
ワルシャワ泊
2日目 ワルシャワ終日自由行動

オプショナルツアー多数ご用意しています。(別途代金要)
ワルシャワ泊
[朝]
3日目 鉄道移動時間まで、ワルシャワ自由行動 (各自12時までにチェックアウトをお済ませ下さい)

各自ワルシャワ駅へ移動
列車にて、ワルシャワ→クラクフへ ※2等・指定席  (約2.5時間)

*列車移動の時間帯が選べます。ご予約の際にご希望の時間帯をご連絡下さい。
  【08:00-11:00】 早く次の都市に行きたいという方へ
  【11:00-15:00】 どちらの都市も満喫したいという方へ
  【15:00-18:00】 最初の都市でゆっくりしたいという方へ

各自、ホテルにチェックイン(3時以降)後、クラクフ自由行動
クラクフ泊
[朝]
4日目

クラクフ終日自由行動

オプショナルツアー多数ご用意しています。(別途代金要)

クラクフ泊
[朝]
5日目 出発まで、クラクフ自由行動 (各自12時までにチェックアウトをお済ませ下さい)

ホテルに現地ドライバーがお迎えにあがります。→クラクフ空港へ
クラクフ発(英国航空にて)航空便 ロンドン・ヒースローへ
[朝]
※フライトスケジュールは空席状況・発着地により異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。

旅行条件

適用期間 2017年04月01日〜2017年10月31日までの出発に適用
催行日 ご希望の日付にて手配可能  ※但し、飛行機の空席状況、ホテルの空き状況により追加代金が発生する場合がございます。
最少催行人数 1名様
利用予定航空会社 英国航空 (ロンドン・ヒースロー⇒ポーランド・ワルシャワ、クラクフ⇒ロンドン・ヒースロー)
ホテル 4泊 (ワルシャワ2泊、クラクフ2泊)
食事 朝食4回
利用予定ホテル

【ワルシャワ】
メトロポール、イビス、ベストウエスタン・フェリックス、ポルトス、メルキュール・グランド ・・・又は同等スタンダードクラス
ラディソン・ブル・ソビエスキー、ノボテル・セントラム、メルキュール・ワルシャワ・セントラム ・・・又は同等スーペリアクラス
リージェントワルシャワ、ル・メリディアン、インターコンチネンタル、ソフィテル・ビクトリア ・・・又は同等デラックスクラス

【クラクフ】
アトリウム、クラシック、ピエロポール、ボレスキー、アスコット、イビス・クラクフ・セントラム ・・・又は同等スタンダードクラス
アマデウス、キューブス、パークイン・クラクフ、フランクスキー、ホリディイン、エスター ・・・又は同等スーペリアクラス
コペルニクス、シェラトン・クラクフ、グランド ・・・又は同等デラックスクラス

※ホテルの指定は不可となります。予めご了承願います。
※シャワーのみ(バスタブ無し)のお部屋となる場合がございます。

延泊 可。 料金お問い合わせ下さい。 
鉄道 2等 座席指定
※1等車両にアップグレードが可能です。  £40 追加 
送迎 空港⇔ホテル間送迎 現地ドライバーのみ
観光 なし
ガイド なし
添乗員 なし
子供代金(2-11歳) 大人2名様と同室のお子様1名様までのエクストラベッド利用となります。
幼児代金(0-1歳) £120  ※飛行機・鉄道の座席・ベッド・朝食・特典は付きません。
備考 【旅行条件書(必ずお読み下さい)】
 

旅行代金 (GBP) お一人様

Standard クラス利用
期間 大人(2/3名1室利用) 大人(1名1室利用) お子様(2-11歳)
2017年04月01日〜2017年06月30日 578 908 558
2017年07月01日〜2017年08月31日 548 838 528
2017年09月01日〜2017年10月31日 578 908 558
Superior クラス利用
期間 大人(2/3名1室利用) 大人(1名1室利用) お子様(2-11歳)
2017年04月01日〜2017年06月30日 648 1028 628
2017年07月01日〜2017年08月31日 588 918 568
2017年09月01日〜2017年10月31日 648 1028 628
Deluxe クラス利用
期間 大人(2/3名1室利用) 大人(1名1室利用) お子様(2-11歳)
2017年04月01日〜2017年06月30日 778 1278 758
2017年07月01日〜2017年08月31日 668 1058 648
2017年09月01日〜2017年10月31日 778 1278 758

アレンジ追加代金 (GBP) お一人様

アレンジ追加代金
アレンジ代金 大人(2/3名1室利用) 大人(1名1室利用) お子様(6-15歳) お子様(2-5歳)
鉄道 1等車アップグレード 40 40 40 -

ご案内とご注意

  • パスポートの残存有効期限の不足には十分ご注意下さい。お客様ご自身がご確認されない場合は、当社としては責任を負いかねます。
    特に公用パスポート・外交官パスポートなど特殊なパスポートをお持ちの方はお客様ご自身にてビザの事前取得の有無について確認をお願いします。
  • 天候や現地の事情により スケジュールが変更になる場合がありますので予めご了承ください。
  • 【旅行条件書(必ずお読み下さい)】

予約方法

住所・電話番号・メールフォーム お問い合わせ